【山鹿灯籠浪漫・百華百彩】冬のロマンチックデートはこれで決まり!【前編】

スポンサーリンク

こんにちは!すみしょうです(^^)/

2月10日(土)、熊本県山鹿市で行われている「山鹿灯籠浪漫・百華百彩」に行ってきました!

知ったきっかけは、ウォーカープラスという全国のイベントやおでかけ情報が満載なサイト。

知らないイベントやお出かけスポット、シーズンでお花見や紅葉、夏祭りの情報もたくさん載ってくるのでかなりお世話になってます!

今回、はじめて「山鹿灯籠浪漫・百華百彩」へ行って参りましたので、レポートします(^^♪

今回は長くなりますので前編・後編でわけました!

山鹿灯籠浪漫・百華百彩の公式サイトはこちらから!

“山鹿灯籠浪漫・百華百彩”とはどんな催し?

 

夏の風物詩『山鹿灯籠まつり』と対をなす冬の祭典『山鹿灯籠浪漫・百華百彩』。和傘や竹を使ったオブジェが古きよき町並みを彩り、夕闇の中に幻想的な世界が広がります。また、明治時代から続く芝居小屋『八千代座』での伝統芸能の披露も! ほのかに揺れる灯りに包まれて、心にホッと灯りが点ります。

山鹿温泉観光協会/山鹿灯籠浪漫・百華百彩特設ページ より

開催期間は、2月2日(金)~2月24日(土)までの毎週金曜日と土曜日。

竹あかりがとてもきれいで、点灯時間は19時~22時(17時半より点灯開始)。

場所は八千代座から山鹿温泉さくら湯までの豊前街道あたりで行われています。

山鹿のお祭りといえば、夏に行われている「山鹿灯籠まつり」。

熊本で夏祭りといえばこれ!ってくらい超有名なお祭りです。

なので最初は、「え?山鹿灯籠て夏の祭りだよね?どゆこと?」

って感じでした。(笑)

ホームページなどを調べていくうちに、

「あぁ、夜に竹灯りとかでライトアップする系ね」

と理解。

きれいだし、屋台もあるし、八千代座とかこんな機会じゃないと行かないし!

おまけに「カメラマンのみなさまへのお知らせ」みたいなご配慮をお願いするページまであって、

「もしかしてすごいのかも⁉」

っていう期待が膨らみました。

ちなみにわたくし、今回のことを調べるまで八千代座が山鹿にあることを知りませんでした…

字面だけで八代にあると勝手に思い込んでた。県民なのに恥ずかしい( ;∀;)

 

当日の天気、道路と駐車場のようすはというと

当日は朝からずっと雨が降っており、夕方になっても止む気配がありませんでした。

天気予報では18時~21時の降水確率30%、止むと思い込んでとりあえず出発しました。(笑)

駐車場は二か所で、

  • 温泉プラザ山鹿駐車場(有料)
  • 豊前街道駐車場(無料)

迷いなく後者をナビに入れて出発!(^^)/

道に「豊前街道駐車場」という大き目の看板があったので、一度「これこれこれこれ!」て言いながら通り過ぎましたが、分かりやすいと思います。

グーグルマップで検索すると、「山鹿市街地観光客用駐車場」と出るので、検索するならそのワードで!

17時50分頃到着、そのころには雨は上がっており、一安心(*^_^*)

(天気予報ってすごいと感心)

気温はというと、雨のおかげか、ここ連日の極寒に比べたらまだマシな寒さでした。

しかし寒いに変わりはないのでマフラーや手袋など、外を歩き回ることを考えた服装が絶対いいです!

雨の影響か、道はすいており、駐車場もスカスカ。

すんなり無料の豊前街道駐車場に停められてラッキー(^^♪

まだ暗くもなかったので、こんなもんか!と思いながら会場を目指しました。

(多分ですが直前まで雨だったからだと思います。)

 

会場のようす~幻想的であたたかな雰囲気~

会場までの道中も、こんな感じでおしゃれな雰囲気(^^♪

豊前街道駐車場から1度だけ、小さい交差点の信号を待って、歩いて2~3分で会場へつきます。

灯りが見えてきた~!(((o(*゚▽゚*)o)))

まだ人はまばら。立派なカメラを持った人たちがちらほらいます。

18時頃、まだ薄明るいです。

和傘や灯りに導かれるように歩くと、行列が!

なんとここが八千代座でした!!立派~( ゚Д゚)

八千代座前で、ここで20時半から開演の「山鹿風情物語」のチケット(1,000円)を販売しています。

これにみなさま並んでおられたのでした。

この1,000円のチケットにはなんと!屋台や近隣のお店で利用できる400円分のお買物券が付いてます!

また、公演の中でお楽しみ抽選会が行われるようで、その抽選券も付いてます。

開場20時、開演20時半なので、イベントゾーンを一周して夕ご飯を食べて、ちょうどいい時間です(^^♪

ちなみに八千代座を通り過ぎた行き止まりのところには休憩するところもありました。

ストーブもあって、寒いこの時期にはとてもありがたいですね(*^_^*)

18時15分頃、だんだん暗くなってきました!

さまざまな長さの竹灯りで、道の両端はいっぱいです。

ボランティアの方か、運営の方かが灯りを灯している最中でした。

ブレブレですみません(笑)

 

歩いていると、だんだん開けてきて、大きな交差点に出ます。

その手前左側に、足湯がありました!

 

もちろん浸かってみましたよ!サイコーですよ(*´ω`*)

ちょっとぬるめくらいでした!

交差点をはさんで目の前に「山鹿温泉さくら湯」があります。

外観は、千と千尋の神隠しに出てきそうな感じ?

伝統的で、厳かで、圧倒されました。

少し行くと、「あったか屋台」(17時~23時)があります。

屋台のすぐそばにテーブルや椅子もいくつかありましたし、建物の中の通路にも長椅子と、自販機もあります。

雨風しのげるこんなベンチもあります!

屋台で串10本セット(1,000円)を注文。

しかし、先ほど買った「山鹿風情物語」のチケット(1,000円)に付いていた、400円分のお買物券が2人分で800円分あり、しかもいっぺんに使えたので、200円でした。(笑)

「あったか屋台」でイベントゾーンは終点で、折り返しながらガッツリ夕ご飯を食べるところを探します!

折り返してからのつづきは【後編】で…

ここまで見てくださり、ありがとうございます!

【後編】はこちらから!

【山鹿灯籠浪漫・百華百彩】冬のロマンチックデートはこれで決まり!【後編】

2018年2月21日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です